【楽して稼げるのか?】仮想通貨のマイニングの特徴を解説

マイニングの仕組みとは?

「マイニング」とは鉱山で新たな鉱石を発見するように仮想通貨を新たに生成し、現金化することで報酬を受け取る方法です。

仮想通貨はブロックチェーンをつなぎ合わせると新たに発行できますが、複雑なハッシュ関数を計算する必要があります。
計算はパソコンで行いますが莫大な量になりスペックが高くないと対応不可能で、消費する電気が多く費用も高いです。

このため、放置するだけで稼ぐためには初期費用とコストが発生し、一筋縄ではいかないことを認識する必要があります。
仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、2022年には史上最高値を記録したことで投資などに使われていますが価格の変動が大きく注意が必要です。

このため、初期費用を準備しないとできないことだけでなく、収支をプラスにするまでには相当の時間がかかると認識する必要があります。

実際には現実は厳しい

仮想通貨のマイニングはパソコンでするとスペックが足りず、マイニングマシンを購入しないといけません。
しかし、海外の業者が販売し50~100万円と高額になり、詐欺も多く発生しやすくトラブルが起きても返金してもらえないこともあります。

このため、消費者庁に相談してアドバイスを参考にすると怪しい業者だと知るきっかけになり、楽して稼げるものだと考えないようにすることが大事です。

初期費用が準備できない場合はクラウドマイニングやプールマイニングなどもあり、参加者で分け合いますが競争が激しく報酬は少なめです。このため、自分自身ですると詐欺のリスクが非常に高く、安心できる方法を探すようにする必要があります。

安心できる方法を探そう

ソロマイニングは業者に依頼せずに済むため費用を支払う必要はありませんが、初期費用が高く詐欺が多いためリスクがあります。
クラウドマイニングやプールマイニングは仮想通貨を用いた副業でコツコツと利益を得るには最適ですが、取引を行う業者を正しく選ぶことが大事です。
業者を選ぶときは利用者の口コミや評判を確かめ、きちんと利益を分けてもらえるようにする必要があります。
利益は参加者が多くなると少なくなりやすく、トラブルが起きないようにしないといけません。

仮想通貨のマイニングは国内では電気代が非常に高く、海外で運用し競争が激しく依頼する業者によって得られる利益も変わってきます。
このため、問い合わせや相談がきちんとできる業者を探し、偽物のマイニングマシンを購入して返金されないなど詐欺を防ぐように調査して決めることが重要です。