ソロマイニングのメリット

マイニングには、ソロマイニング、プールマイニング、クラウドマイニングの3種類があります。ここでは、ソロマイニングのメリットを紹介します。

ソロマイニングとは

ソロの意味は、「独奏」「独唱」「独演」です。ソロマイニングとは、一人でマイニングを行うことです。
すべて一人で行うため、マイニングのための高額な機材が必要です。また、それらを収容する施設も必要になります。さらに、マイニングを成功させるための専門的知識も持っていなければなりません。
大きな額の初期費用、専門的知識、時間が必要ですが、メリットもあります。

報酬が大きい

最大のメリットはマイニングに成功したときの報酬が大きいことです。
複数人が協力するプールマイニングは参加者で報酬を分けるため、自分の報酬が少なくなる傾向があります。計算能力に応じて報酬が分配されるため、参加者が多く計算能力が低いと報酬はわずかです。

クラウドマイニングは専門の業者にマイニングを依頼する方法です。業者に対して報酬を支払うので、マイニングに成功をしても全額自分のものにできるのではありません。
それに対してソロマイニングは、すべて一人で行うため成功をしたらすべて自分のものにできます。

手数料を取られない

プールマイニングの場合は運営の母体に、クラウドマイニングの場合は運営をしている業者に手数料を受け渡します。つまり、手数料分のコストがかかってしまうのです。その分、報酬は少なくなってしまいます。
ソロマイニングは誰かに頼るものではないので、手数料は発生しません。

自分で決められる

ソロマイニングはすべて自分でやり方を決めます。
稼働時間、使用するマシンやソフト、仮想通貨の種類など、好きな物を選べます。
人に指図されるのは嫌い、自分ですべてを決めたいという方に向いているといえるでしょう。
自分で決められることには自由がありますが、責任も伴います。マイニングを成功させるためには、どのようなマシンやソフトを使うのか、電気代をどう節約するのか、稼働時間はどれくらいにするのかなど、責任を持って決めていかなければなりません。そのための専門的知識が必要です。

デメリット

メリットばかりでなくデメリットもあります。
それは、初期投資が高額なことです。
ソロマイニングをするためには高い計算能力を持ったコンピューターが必要で、それをそろえるための高額な初期投資が必要です。計算能力の低いコンピューターを使って一人で行っていても成功は難しいでしょう。それなりの準備が必要です。