海外FXでトラブルを避ける方法

海外の業者はリスクがある

サラリーマンの副業として注目されているFXですが、海外の業者はレバレッジが高く追証なしでゼロカットシステムがあり、国内と違い一獲千金の可能性があります。しかし、実際には金融庁とは無関係なため国内では利用を推奨していないため、自己責任で業者を探して利用することが必要です。

海外の業者は金融ライセンスがなければ許可なしで営業しているため、不利益にならないよう約定や出金を拒否することもあります。
また、両建てやアービトラージ取引などは禁止され、違反をすると口座凍結をされてしまうなどリスクが高いです。

また、資金管理は信託保全が義務化されていないため分別保管などが多く、倒産すれば預けた資金が戻ってこなくなります。そのほか、日本語に対応していないため問い合わせができず、詐欺の被害にあうリスクもありある程度の経験を積んでから始めることが望ましいです。

業者の内容をきちんと確かめよう

海外の業者は国内のように安心して利用できるわけでなく、許可を受けていないと詐欺もし放題になります。近年では約定や出金を拒否されて多くの資金を失うトレーダーも多く、業者に関する口コミや評判を確かめることが大事です。

金融ライセンスはあれば許可を受けているため詐欺ができなくなりますが、信託保全であるか確かめないと倒産すれば預けた資金を失うリスクもあります。

海外の業者は国内と違いスプレッドが広く取引コストが高くなり、ECN口座にすると狭くなりますがボーナスが付与されないため注意が必要です。また、海外の業者は近年では倒産しやすいため、いざというときに資金を失わないようにする必要があります。

問い合わせやすい業者を選ぼう

実際に海外FXをすると分からないことも多く、副業として稼ぎたいなら問い合わせができるようにしないと不安になります。
問い合わせの方法は電話やメールなどがあり、ホームページの表記が日本語に対応していると便利です。

海外FXをするときはトレードのときにトラブルが起きることも多く、約定や出金を拒否されないよう禁止されている取引の内容を把握する必要があります。問い合わせは日本人が在籍していればスムーズにできるため、事前に社員の状況や歴史などを確かめて決めれば詐欺の被害にあうリスクもなくなって便利です。

問い合わせは対応する時間を確かめ気軽にできるようにしたいもので、トレードのスタイルに合わせて決めると安心できます。海外FXを副業としてするときはスマホでもできるとスキマ時間にトレードができ、対応する業者を探すと効果的です。